今度こそニキビを治そう!


ニキビには、大きく分けると段階ごとに5つの種類があります。 ここでは、中期段階の「赤ニキビ」から、かなり悪化した状態の「黄ニキビ」についてご紹介していきます。

「赤ニキビ」とは、ニキビが初期段階の「透明ニキビ」(ニキビ予備軍)から、皮脂や汚れが毛穴に詰まった「白ニキビ」になり、さらに炎症を起こした状態を指します。 透明ニキビの状態では毛穴に詰まっていただけの皮脂が、白ニキビになると毛包にまで至ってアクネ菌の増殖が始まります。

ここから毛穴が開いて皮脂が空気に触れると酸化が起こり、黒く変化したものが「黒ニキビ』です。 しかし、毛穴が開かないままでいると、ふさがれたままの皮脂や汚れはアクネ菌によって炎症を起こし赤く腫れた状態になります。 この、毛穴の内側が赤く腫れている状態が「赤ニキビ」です。

毛包のなかで増殖しているアクネ菌は、皮脂を栄養分としてどんどん増えていきますが、そのときに皮脂分解が起こり遊離脂肪酸が発生します。 遊離脂肪酸の刺激によって、毛穴のなかで炎症が起こるため、赤ニキビは腫れて傷みを感じる状態となるのです。

腫れて炎症を起こした「赤ニキビ」が悪化すると、「黄ニキビ」という状態になります。 赤ニキビが炎症によって赤く見えるのに対し、黄ニキビは膿(うみ)が黄色く見えるのでこのような名前がついています。 つまり、黄ニキビが黄色くポツンとふくらんでいるのは、膿がたまっているからなのです。

この状態は医学的には膿腫(のうしゅ)といい、毛穴の奥の部分ではアクネ菌だけでなくフドウ球菌などの増殖も始まっています。 黄ニキビの状態がさらに悪化すると、毛穴の奥にある毛包という部分や毛穴の周囲部分にまで影響が及び、個人でのケアや処置は難しくなります。

よくニキビ跡がクレーターのようにデコボコになっていたり、色素沈着によってシミができている場合がありますが、これは黄ニキビの状態にまで至ってしまったためです。

その他ニキビの関連記事

このページの先頭へ