「あごニキビ」ができる原因


「あごニキビ」はケアが難しく、なかなか治りにくいのが特徴です。 顔にできるニキビだけに目立ちやすく、髪型やメイクでもカバーしにくいので困っている人も多いかもしれません。

「あごニキビ」のできる原因のひとつが、ホルモンバランスの崩れによるテストステロン(男性ホルモン)の過剰分泌です。 男性ホルモンが過剰になると皮脂の分泌が増えるため、余分に分泌された皮脂が毛穴に詰まることによってニキビができやすくなります。

あごはヒゲが生える場所であることで分かるように、男性ホルモンの影響を受けやすい箇所なのです。

「男性ホルモン」と聞くと女性には関係ないように思えますが、実はこのホルモンは男性のみが分泌するわけではなく、少ない量ではありますが女性の体からも分泌されています。

特に、職場や家庭での精神的なストレスなどがあるとホルモンバランスの崩れやすくなるため、男性ホルモンの分泌=あごニキビ発生の要因となります。 同様に、生理(月経)期間にあごニキビができやすいのも、ホルモンバランスの崩れによるものです。

もうひとつの「あごニキビ」の原因として挙げられるのが、外界からの刺激(脂や汚れなど)です。 無意識に指であごに触れるクセのある人や、頬杖をつく習慣のある人、汚れたままのメイク用パフを使っている人などは「あごニキビ」ができやすくなります。

これは手や指、パフについた脂や汚れやあごについてニキビ発生のもととなってしまうためです。また、しょっちゅう手や指であごを触っていると、できはじめの初期ニキビが悪化する場合もあります。初期ニキビは別名「透明ニキビ」と呼ばれているように、目には見えにくい非常に小さなニキビで色も肌の色とあまり変わりがありません。

しかしこの透明ニキビは、放置しておくと、「赤ニキビ」や「黒ニキビ」へと悪化していくもので、手指で触れることによって脂や汚れがついてさらに悪化する可能性が高くなるのです。

その他ニキビの関連記事

このページの先頭へ