「首・背中ニキビ」ができる原因


首や背中にできたニキビは意外にしつこいのが特徴です。 目で直接見えない場所であったり、手が届きにくい場所にできるニキビはケアも難しいため悪化することも多く、ケースによってはニキビ痕が残ってしまうこともあります。 困った首ニキビや背中ニキビは、どんな原因でできるものなのでしょうか。

実は、首ニキビと背中ニキビは、少し違う原因で発生するものです。 首にできるニキビは、顔のあごニキビと同じように男性ホルモン(テストステロン)の過剰分泌が原因となっています。仕事・家庭などでの精神的ストレスでホルモンバランスが安定を失うと、男性ホルモンの分泌過剰が起こり皮脂腺から余分な皮脂が出やすくなります。

この皮脂が毛穴に詰まってアクネ菌などの雑菌が増殖し、首周りにニキビができてしまうのです。女性の場合でも微量ながら男性ホルモンの分泌はありますので、同様にテストステロンの影響で首ニキビができることがあります。

一方、背中ニキビができるのには、次のような原因があります。 ひとつは、人間の背中には数多くの皮脂腺が存在するため、皮脂の詰まりによるニキビができやすいためです。さらに背中は汗をかきやすい場所でもあるうえに、顔などとは違って手軽に汗を拭ったり洗ったりできないため、汗が溜まりやすくアクネ菌などの雑菌が増殖しやすいという問題点があります。

この「皮脂」と「汗」が服のなかで混じり、通気の悪さが重なってニキビのできやすい原因となるのです。いちど背中にできてしまったニキビは、服による摩擦で悪化しやすい状態となるため、治りにくく頑固なニキビとなってしまいます。

眠っているあいだは背中に汗をかきやすく、パジャマや布団との摩擦が起こるのも背中ニキビが悪化したり治りにくい原因のひとつとなります。

背中ニキビができるもうひとつの原因に、シャンプー剤やリンス剤などヘアケア剤の刺激があります。シャンプー中やリンス中に背中に垂れたヘアケア剤の流し残しが毛穴に詰まり、ニキビができやすい状況を作る原因となります。

その他ニキビの関連記事

このページの先頭へ