ニキビの予防方法


ニキビケアで大切なのは、まず「ニキビを予防する」ということです。 一度できてしまったニキビは、なかなか治りにくいものです。 まず、日頃から簡単にできるニキビ予防で、困ったニキビをしっかりと防ぎましょう。 次に自宅でも手軽に実行できるニキビの予防方法をご紹介します。

・食生活でニキビを防ぐ ニキビができるのは、脂っこいものや甘いものを食べ過ぎるから、とはよく耳にする言葉です。 現在のところ、そうした食生活がニキビの原因という医学的なデータは報告されていません。

しかし、栄養のバランスのとれた食事や、便秘を予防する食事はニキビ予防をサポートしてくれるはずです。 また、朝食をしっかりと摂って、健康的な食習慣を心掛けることも大切です。

・洗顔とメイク落としで清潔な肌を保つ 洗顔はニキビ予防の基本ですが、ポイントとなるのは「洗顔剤選び」と「正しい洗顔法の実行」、「洗顔後の保湿ケア」です。 メイクをした場合は、帰宅したらすぐにメイクを落とすこともニキビ予防に役立ちます。

しかし、ニキビ予防のためとはいえ、洗顔のし過ぎや刺激の強過ぎる洗顔剤の使用は避けたいものです。 また、ニキビを防ぐための皮膚の保湿もポイントとなりますが、油分の多い乳液や美容クリームの使いすぎには注意しましょう。

・ハンカチ、タオル、寝具をチェック 意外に気づきにくいニキビの原因のひとつが、汚れたままのハンカチやタオル、寝具(枕カバー、タオルケットなど)です。

ハンカチやタオルには汗とともに皮脂もつきやすく、肌に触れることによってニキビの原因のひとつとなる可能性があります。 また、就寝中に汗をかきやすく、雑菌が増えやすい寝具もこまめに交換することがニキビ予防には役立ちます。

・肌乾燥を防いでニキビ予防 皮膚の乾燥は過剰な皮脂分泌を招き、皮脂の詰まりによるニキビができる原因のひとつとなります。 オフィスのエアコンによる肌の乾燥や、紫外線による乾燥などには注意が必要です。 また、皮膚乾燥を防ぐための水分補給も充分に行なうようにしましょう。

その他ニキビの関連記事

このページの先頭へ